お問合せ SITE MAP
完全除去「C・R工法」を用いた
 アスベスト測定・分析・除去 
アスベストを建物からの除去を徹底的に行い、周辺地区の配慮を徹底的に行い、弊社の従業員への管理も徹底的に行うのが「C・R工法」です。
C・R工法の3大特徴
  1. 各地で散発しているアスベスト処理工事中のアスベスト飛散事故を完全に防止するシステムを初めて開発しました。
    C・R式飛散
    防止機器
    除去作業中、作業空間内の内圧が所定の基準値を上回り、外部飛散の危険が発生すると自動的に警告を発し、即時対応できるシステムです。
  2. 徹底した除去及び再飛散防止を実現するため、市販されている「湿潤剤」や「固化剤」の採用を中止し、豊富な現場経験のノウハウを活かした弊社独自の「飛散防止剤」及び「封じ込め剤」を開発し、高精度な処理工事が行えるようになりました。
    C・R式飛散
    防止剤
    従来の同品種は、エマルジョン樹脂と界面活性剤を主成分にしてアスベスト固定剤と同様な成分を水で希釈したタイプが大部分であり、その成分の性質上、どうしても必要以上にベトツキ感が持続し、作業性を悪くしていました。
    C・R式飛散防止剤はエマルジョン樹脂を一切使わず、特殊水溶性高分子樹脂と特殊界面活性剤を主成分にしており、毛細管現象を促進させ、アスベスト繊維質の間に深く浸透するとともに、ベトツキを必要な範囲のみに留める事に成功しました。
    これにより、作業精度と能率が大幅に向上します。
    C・R式
    封じ込め剤
    従来の同品種は、アスベスト湿潤剤と同じ成分のエマルジョン樹脂(酢酸ビニール樹脂)と界面活性剤を主成分にしており、コストは安いものの、乾燥が遅く、長期間の養成が必要でした。
    C・R式封じ込め剤は、アクリル樹脂と特殊界面活性剤を使い、湿潤剤とは全く異なる配合にし、毛細管現象を促して速やかにアスベストの繊維質に浸透するとともに、速乾性による2次工程への進行速度の向上と封じ込め能力の向上を実現しました。
    施工時間の短縮は、コストを削減し、施設が営業施設である場合、営業への影響を少なくすることにつながります。
  3. 充実した有資格者集団による全社コンプライアンス体制(法令順守)の下で、多くの時間と経験を積み重ね、コストの追求を行い、短工期と低コスト工事を実現しました。
C・R工法の実績